病院でもらう薬の現状

体調が悪くなると、病院に行って薬をもらってしまう。病院でもらった薬だと、何となく安心だし、効き目がありそうな気がするからだ。しかし、現状はどうなのだろう。もらった薬が合わないこともあるし、副作用も心配だ。あまり薬に頼っていると、免疫力が落ちることだってある。以前、病院で薬を処方する仕事をしていた。医師に言われた薬を、必要な日数分袋に入れていた。在庫の管理もしていたので、不足分を注文しようとしたら、「薬を変えるかもしれないら、注文するのを待って。」と、言われることが何度かあった。新しい薬が発売された後は、薬品会社が営業に来ていた。来た後は、薬が入れ替わる可能性が高かった。もちろん、薬の効果が一番重要だ。しかし、利益も重要だ。病院だって、利益を出さなければならない。「同じ効果があるのなら、こちらの薬に変えよう。」と、新しい薬に入れ替え、病院の利益を増やしていった。「これが、現状か。」と、利益を重視する病院側に、少しガッカリした。確かに、薬の効果は同じかもしれない。しかし、人によって感じる効果は違う。「前の、飲み慣れた薬の方が良かった。」と、言われることも少なくなかった。しかし、薬で救われている患者が大勢いることも現状だ。ペリカンゴ(参考URL:http://www.kangonooshigoto.jp/peripro/gotochi/character.html)のようなキャラがついてれば、元気も出てくるだろう。完治することが難しい病気だと、進行を遅らせる為、薬を飲み続けなければならない。そのような人たちが、それを知ったらどう思うだろう。そうならない為にも、健康管理には十分気を付けなければならない。